奇跡の痴漢「無罪判決」の3日後に…なぜ? 捜査員があきれ返った懲りない男 大阪

【衝撃事件の核心】

 JR大阪環状線の電車内で女性の下半身を触ったとして4月に現行犯逮捕され、大阪府迷惑防止条例違反の罪に問われた50代の男が11月、無罪判決を勝ち取った。「スリ行為の途中に電車が揺れ、手が女性に当たった可能性が排除できない」という眉をひそめたくなるような理由だった。実は男はもともと痴漢とスリの常習犯。無罪判決のわずか3日後、電車内でスリ行為をしたとして窃盗容疑で再び現行犯逮捕される羽目に…。痴漢事件で拘置所を出た後は野宿を続け、最後は所持金がわずか49円だったという。今度は「お金がなくて食事も取れず、つらくて盗んだ」と容疑を素直に認めた。捜査員があきれ返った懲りない男の哀れな事件の顛末(てんまつ)とは-。

 無罪にも浮かない表情

 「被告人は無罪」

 11月15日、府迷惑防止条例違反の罪に問われた無職の男(56)に対し、大阪地裁で開かれた判決公判。起訴されれば有罪が99%以上とされる刑事裁判で“奇跡”の無罪判決を裁判官から言い渡されたにもかかわらず、なぜか男は浮かない表情のままだった。

 JR大阪環状線の大阪-天満間の電車内で4月9日、20代女性の下腹部を服の上から触ったとして逮捕、起訴された。無罪判決に至ったのは、男の潔白が証明されたと裁判官が判断したからだが、その理由は一般人には何とも承服しがたい内容だったのだ。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ