和歌山・かつらぎ町の大麻製造工場は“超高性能”か…ナトリウムランプに乾燥場 奈良県警

 和歌山県かつらぎ町の建物で1万本を超える大麻草が見つかった事件で、販売目的で栽培したとして、大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで逮捕された大阪府泉南市岡田、指定暴力団東組幹部の木村純一容疑者(54)らが運営した“大麻工場”は複数の照明を使い分けるなど大量生産を前提にした施設であることがわかった。

 押収した大量の大麻草は1万1千本にのぼり、末端価格は約20億円。押収量もここ数年間の年間の押収量の倍以上にあたるという。

 県警などによると、工場は2階建てで、大麻を植えたプランターをすき間なく並べたうえで、光度の高い高圧ナトリウムランプや蛍光灯などを照らして成長を促していた。あたえる水量もコントロールしていた。栽培する場所だけでなく、乾燥させたり、粉末にしたりするスペースもあり、作業効率も計算されたうえで運営されていたとみられる。

 生産された大麻の質も“上物”だったといい、県警は、背後に組織的な密売グループがあるとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ