元女優の高樹沙耶容疑者ら3人起訴 大麻所持の罪 那覇地検

 那覇地検は15日、大麻を隠し持っていたとして、大麻取締法違反(所持)の罪で元女優の高樹沙耶(本名益戸育江)容疑者(53)ら3人を起訴した。

 起訴状によると、3人は共謀し、10月25日、沖縄県・石垣島にある高樹被告の自宅で大麻約55グラムを所持したとしている。

 他に起訴されたのは、同居していた会社役員、森山繁成被告(58)と、小見祐貴被告(26)。3人は10月25日、同法違反容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。高樹被告の自宅からは、大麻の他、吸引用とみられるパイプが押収された。

 高樹被告は、浜松市出身で、昭和58年に女優としてデビュー。7月の参院選では、東京選挙区で新党改革から新人として出馬し、医療用大麻の解禁などを訴えたが落選した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ