大麻3000回分所持! 自宅で栽培も 姫路の会社員逮捕

 自宅で大麻を所持、栽培したとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は8日、大麻取締法違反(所持、栽培)容疑で兵庫県姫路市西新町の電気工、宝大輔容疑者(34)を逮捕、送検したと発表した。「4、5年前から自分で吸うために栽培していた」と容疑を認めている。

 逮捕、送検容疑は9月27日、自宅2階の屋根裏部屋で大麻37株を栽培するとともに、乾燥大麻約330グラムを所持したとしている。

 神戸分室によると、所持していた乾燥大麻は、葉よりも幻覚成分が多い花の部分。最大で約3千回の使用量に当たり、販売目的で所持していた疑いもあるとみて調べている。

 神戸分室は9月27日の捜索で、水耕栽培中の大麻と市販のプラスチック容器に保管された乾燥大麻、吸引道具などを押収。所持容疑で現行犯逮捕した後、10月17日に栽培容疑で再逮捕した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ