高樹沙耶容疑者、テレビ番組で正当性主張 「大麻は生活に役立つ、国が検証して」

 元女優の高樹沙耶容疑者(53)=本名・益戸育江=が厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された事件で、高樹容疑者がテレビのバラエティー番組で「人の健康になるものであり、私たちの生活の役立つのであれば国が検証して使えばいい」などと大麻の使用について正当性を主張していたことが26日、分かった。

 この番組は10月7日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBS系)。「疑惑女優の真相を直撃!」と題し、沖縄・石垣島で暮らす高樹容疑者の生活に密着している。

 番組では、2012年7月の自身のブログで「大麻草検証委員会の幹事になり(中略)多くの方に知っていただきたく活動に参加することを表明いたします」と大麻の合法化を訴える活動を宣言していたことを紹介。世間からバッシングを浴び、高樹容疑者によると、テレビ局では当時、「もし逮捕されたら番組が放送できなくなる」などと悪評が立ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ