高樹沙耶容疑者 スポーツ紙大きく報道「アンチエージングには最高の植物。原発良くて、大麻ダメ」「男の影響」

 沖縄・石垣島の自宅で大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元女優、高樹沙耶容疑者(本名・益戸育江、53)の事件を26日発行のスポーツ紙各紙は大々的に報じた。

 《高樹容疑者ら3人は厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に25日、逮捕された。逮捕容疑は25日午前、石垣市の自宅で乾燥大麻数十グラムを所持したとしている。自宅から大麻を吸うための巻紙やパイプなどが押収されたという。

 麻薬取締部によると、高樹容疑者は「私の物ではない」と容疑を否認している》

 「私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております。原発が良くて、大麻がダメ?」(2012年7月14日)

 デイリースポーツは「奇行、炎上の末ついに…」の大見出しで、高樹容疑者のブログなどでの大麻に関する発言を紹介した。同紙は同年7月以降、“合法大麻”発言が急増との見出しもつけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ