液状大麻の密輸容疑、アメリカ人プロレスラー逮捕「悩み忘れることができた」 関空

 液状の大麻を密輸したとして、大阪府警関西空港署と大阪税関関西空港税関支署は14日、大麻取締法違反(輸入)容疑でアメリカ国籍のプロレスラー、マシュー・ジョセフ・コークラン容疑者(33)を逮捕、送検したと発表した。

 逮捕、送検容疑は9月22日、液状の大麻2・12グラムを電子たばこ風のペン型の吸引器に入れるなどして、アメリカから関空に密輸したとしている。

 税関によると、液体を加熱し蒸気を吸う仕組みになっていて、コークラン容疑者は「アメリカで購入した。(大麻を吸うと)一時的に悩みを忘れることができた」などと話しているという。

 コークラン容疑者は「マット・サイダル」のリングネームで活動し、日本国内では新日本プロレスの興行などに参加。逮捕時は、神戸市内で開催される試合に参加するため来日していた。逮捕は9月23日。大阪地検は今月13日、大麻取締法違反と関税法違反の罪で起訴した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ