頭に七味唐辛子、頭髪薄い同僚に「ハゲじじい」 パワハラ認定部長、怒りの“反撃”提訴の行方

【衝撃事件の核心】

 「パワーハラスメントだったと認定します」。会社のコンプライアンス担当者からそう告げられた8日後、大手保険会社の部長職にあった40代男性は解雇された。ロッカーをけ飛ばして威圧した、飲み会の席で同僚の頭に七味唐辛子を振りかけた-。出世街道をばく進してきた男性に突きつけられたのは、怒濤(どとう)の被害証言。男性は「事実無根だ」とパワハラを全面否定し、地位確認を求めて大阪地裁に提訴した。会社側の認定と真っ向から食い違う男性の言い分とは。

 ■パワハラ質問書

 大手保険会社に勤務し、年収は1千万円超。40代半ばという歴代最年少で東海エリアを統括する部長職に就任した。部長になって2年、出世の道は大きく開けているはずだった。

 舞台が暗転するのは昨年2月のこと。訴状によると男性は突然会社から呼び出しを受け、東京本社で3人のコンプライアンス担当者と向き合うことになった。呼び出しの詳しい理由は聞かされていなかった。

 「質問に回答し、声に出して読み上げてください」

 担当者はそう言って、数枚の書面を手渡してきた。表題は「パワーハラスメント疑義について」。男性はその瞬間初めて、自分にパワハラの嫌疑がかけられていることを知った。

 「このような言動をしたとの証言がありますが、事実ですか」

 そう書かれた質問項目の下には具体的な数十個の被害証言が列挙され、空白の回答欄が用意されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ