熊本地震 国土地理院がドローンで被害を調査、ホームページで公開

 国土地理院は17日、小型無人飛行機「ドローン」で撮影した被災地の動画を公式ホームページ(HP)で公開した。熊本県南阿蘇村立野の大規模土砂崩落の状況や、同村と益城町で地表に現れた断層の様子を上空から見ることができる。

 国土地理院の職員が16日に撮影したもので、熊本地震による被害の状況を把握するとともに、熊本地震の発生メカニズムなどの解明に役立てる。今後もドローンによる撮影動画を公開していく予定。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ