タレント女医を逮捕 診療報酬詐欺事件で ホストクラブで豪遊…遊興費に流用か

 指定暴力団住吉会系組長らによる療養費や診療報酬の詐取事件で、患者の診療回数を水増しするなどして診療報酬をだまし取っていたとして、警視庁組織犯罪対策4課は9日、詐欺容疑で、東京都内のクリニック元院長、脇坂英理子容疑者(37)ら2人を逮捕、会社役員、早川和男被告(39)=同罪で起訴=ら2人を再逮捕した。

 組対4課によると、脇坂容疑者は「弁護士が来るまで話しません」と認否を留保している。脇坂容疑者は医師のかたわらテレビ出演も多く、ホストクラブで豪遊する姿も放映されていた。

 脇坂容疑者は平成24年6月に内科や美容などを扱うクリニックを開院。間もなく診療回数水増しなどの診療報酬の不正請求を始め、26年11月に閉鎖するまでに自治体などに請求した計約6900万円の診療報酬の大半が不正だったとみられる。

 逮捕容疑は24年11月~26年9月、患者を複数回診療したと偽り、国民健康保険を運営する東京都内の自治体などから診療報酬計約155万円をだまし取ったとしている。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧