【関西の議論】「安倍首相のポチ」怒号渦巻く法廷 靖国訴訟は“政治利用”か…大原告団「完全敗訴」

 原告の「完全敗訴」が言い渡されると、法廷の内外で怨嗟(えんさ)の声が渦巻いた。「裁判所は安倍のポチになるのか!」。安倍晋三首相の平成25年12月の靖国神社参拝が憲法の政教分離原則に反しているとして、戦没者遺族や台湾人、在日韓国人ら765人が、参拝差し止めと1人あたり1万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1月、大阪地裁であった。小泉純一郎元首相の参拝をめぐり、かつて高裁が「違憲」判決を出したこともある大阪で、原告側は再び同様の結論を引き出そうとしたが、地裁はあっさりと請求を棄却し、憲法判断にも踏み込まなかった。近年の靖国訴訟ではこうした門前払いの流れが定着し、原告側の望むような判決が出る可能性は、ほぼないと言っていい。識者も「意味のない訴訟をいつまで続けるのか」とあきれ顔だ。

「参拝による法的利益侵害なし」

 1月28日、大阪地裁で最も大きい202号法廷。満杯の傍聴席に向かって、佐藤哲治裁判長が判決の要旨を読み上げた。

 「首相の参拝によって、原告の法的利益が侵害されたとは言えない」

 原告の主張が一つ、また一つと否定されていくにつれ、静粛であるべき法廷がヒートアップしていく。

 「ナンセンス!」

 「おかしいやん」

 「税金ドロボー」

 裁判長が「静かにお願いします」とたしなめてもおさまらない。

 地裁正門前では「違憲判断」に望みをかけていた原告らが「不当判決」「司法は靖国参拝を戦争準備と認識せず!」と書かれた紙を掲げた。

 閉廷後、大阪市内で開かれた原告や弁護団の記者会見。過去に小泉元首相の参拝をめぐる訴訟にも原告として加わっていた男性(65)は「裁判所の存在理由を失わせるような、でたらめな判決。裁判長は安倍の参拝理由を代弁している。(首相に)尻尾を振っていることへの絶望感がある」と、司法を犬になぞらえて痛烈に批判した。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧