宮崎議員、ついに不倫辞職!他の女性との関係も告白…離婚の可能性

 ついに不倫辞職! 女性タレントとの不倫が報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が12日、東京都内で会見して不倫を認めた上で議員辞職を表明した。さらに他の女性と不倫関係があったことを告白。妻で同党の金子恵美衆院議員(37)との離婚可能性まで示唆した。金子氏が5日に長男を出産してわずか1週間。宮崎氏は多くの物を失った。

 男性の国会議員として初めて育休取得を宣言していた宮崎氏。10日発売の週刊文春による不倫報道一発で、育休はおろか政治家の地位や国民の信頼、妻の愛まで吹っ飛んでしまった。

 会見場には約100人の報道陣が集結。午前10時45分、黒スーツ姿の宮崎氏が現れるとカメラのフラッシュが一斉に浴びせられた。冒頭で大きく深呼吸し、用意した紙を神妙な面持ちで読み上げながら謝罪の言葉を繰り返し、冒頭約15分の説明で9度、頭を下げた。

 その上で「深く深く深く反省し、議員辞職する決意を固めた」と表明した。

 不倫相手のタレント、宮沢磨由(34)について、1月4日の国会開会日に「着物の着付けをしていただいた方のうちの一人」と説明。1月下旬の地元・京都での密会は「自分から誘った」と関係を認めた。

 妻の金子氏に不倫を告白したのは、出産翌日の6日夜の病室だった。妻の様子について「良好な回復傾向だったが、今の状況は厳しい」と明かし、「子供も保育器から出たり入ったり…」と涙ぐむ場面も。妻から「私が大変な時期に」と叱責され、会見前のこの日朝には「『政治家としてけじめをつけてこい』と言われた」という。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧