中学教諭、中1生徒の髪をライターで焦がす…市教委へ当日報告せず 兵庫・加西

 兵庫県加西市の市立北条中学校で1月、男性教諭(26)が授業中に、1年の男子生徒(13)の髪の毛をライターの火で焦がしていたことが2日、市教委への取材で分かった。生徒にけがはなかった。

 市教委によると、教諭は1月20日午後2時半ごろ、担当する国語の授業中、生徒に「姿勢が悪い」と注意。生徒が態度を改めないことに立腹し、ズボンのポケットにあったライターの火を生徒の髪の毛に近づけ、毛先を焦がしたという。

 教諭は同日、「不適切な行為だった」として生徒宅を訪れて謝罪。同校は「生徒は翌日から通常通り登校してきており、当事者の間で問題は解決したと思っていた」として市教委に報告していなかった。

 同市の高橋晴彦教育長は「問題に対する認識が甘く、初動対応が遅れたことは遺憾。信頼回復に向け、指導を徹底したい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ