「受け子」の金奪う「取り子」 特殊詐欺に新役割、トラブルの火種にも

 オレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺の犯行グループ内で、現金受け取り役の「受け子」から、被害金を横取りする「取り子」というメンバーの活動が横行していることが1日、警察庁の調べで分かった。グループ幹部が取り子に被害金を強奪させ、受け子に債務を背負い込ませていることがうかがわれる。警察当局は、新たなトラブルの火種になる可能性があるとみて警戒を強めている。

 「犯罪者から金を奪うのは犯罪にならない」。警視庁が昨年10月、受け子の男から現金500万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂容疑で逮捕した男3人はこう言い放った。

 受け子の男は昨年6月、東京都内で80代の女性から500万円を受け取ったところ、取り子の男に殴られ金を奪われそうになり、交番に駆け込んだという。受け子の男は詐欺容疑で逮捕されたが、この男から金を脅し取ろうとした男ら3人も逮捕された。3人は「警察を装い、金を奪おう」と事前に示し合わせていた。

 特殊詐欺の犯行グループはリーダー格をトップに、詐欺の電話をかける「かけ子」▽銀行で現金を引き出す「出し子」▽被害者から現金を受け取る「受け子」▽統括する「指示役」-など役割が細分化され、だまし取った金の大半は上層部に納められる。

 近年は受け子が被害者に面会して詐取する手口が横行。だまし取る算段がついた段階で受け子が出向き、金を受け取る傾向にある。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧