【衝撃事件の核心】“小悪魔”75歳おばあちゃんが昏睡強盗…法廷で被害男性もエールの異様

 外見はどこからどう見ても、ただのおばあちゃん。だが、同年代の男性にはめっぽうモテるらしい。一緒にラブホテルに行き、睡眠薬入り飲料を飲ませて現金を奪ったとして、4件の昏睡強盗罪に問われた75歳の女の公判が大阪地裁で開かれている。女は一部を除いてほとんどの起訴内容を否認。「男とホテルに行って金をもらうのは当然」とうそぶき、被害者とされた50~60代の男性らも下心があった、と赤裸々に告白した。証人出廷した男性らの中には、処罰感情を表すどころか、小さくガッツポーズして女にエールを送る人もいて、何とも不思議な空気が漂った。法廷で垣間見えた高齢者の「性」の実態とは。

白髪のツインテール

 昨年12月、大阪地裁での初公判。白髪の女は首も据わらないほど衰弱した様子で車いすに乗せられ、法廷に姿を見せた。

 裁判長から氏名を問われると息も絶え絶えに名乗り、起訴状朗読後に「今読み上げた事実に違うところはありましたか」と聞かれると、左手を力なく振って、消え入りそうな声で「はい…」と否認した。体力面を考慮し、初公判はそこで打ち切りとなった。

 「こんなおばあちゃんに昏睡強盗なんてできるのか」。傍聴していた誰もがそう思ったに違いない。

 だが、今年1月に開かれた第2回公判では、見違えるほど元気になっていた。髪は耳の後ろで2つに結ぶ「ツインテール」で、ベージュのズボンにグレーのセーターとベスト。寒いのか、その上にダウンジャケットを羽織っていた。

 弁護人によると、女には高血圧などの持病があり、初公判の日は体調が悪かったのだという。

 それにしても、まるで別人だ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧