やり直し初公判 野々村被告「記憶がない」 丸刈り姿、欠席謝罪

 世間を騒がせた“号泣会見”から1年半。詐欺罪などに問われた元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)が26日、神戸地裁で開かれたやり直し初公判に出廷した。地裁には開廷前から大勢の人が詰めかけ、会見以来、初めて公の場に姿を見せる野々村被告の言動を注視した。昨年11月の初公判を欠席し、強制出廷させられた野々村被告は、「記憶がない」などと否認した。

 午前10時半、法廷に姿を見せた野々村被告は、裁判官と検察官、傍聴席に一礼してから証言台へと歩み出た。丸刈り頭に黒縁眼鏡、黒色のスーツにネクタイ姿で、平成26年7月の会見時よりも少しふっくらとした印象だった。

 検察官が起訴状を読み上げる間、野々村被告は座った状態で背筋を伸ばして聞き入り、緊張をほぐそうとしているのか、時折大きく肩を上下させた。

 起訴状の朗読が終わると、野々村被告は裁判長に「失礼して、起立させていただきます」と大きな声で発言して立ち上がり、「前回公判に欠席したことを深く反省し、謝罪させていただきます。本当に申し訳ありませんでした」と、初公判に出廷しなかったことを謝罪。裁判官、弁護人、検察官、傍聴席の四方に向かって、深々と頭を下げた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧