長野・池田町長が酒気帯び運転 「水と氷をたくさん入れたので大丈夫だと思った」と弁解、謝罪

 長野県池田町の勝山隆之町長(69)が酒気帯び状態で車を運転したとして26日午前、同町役場で記者会見を開き謝罪した。勝山町長は「飲酒をしたのは事実。関係者の皆さまには心から申し訳ないと思っている。断腸の思いだ」と説明。自身の進退については「警察の処分を踏まえて最終的に判断する」として、明言しなかった。

 勝山町長によると、22日午後9時ごろから約2時間、松本市内の飲食店で1人で酎ハイ5、6杯を飲んだ後、帰宅しようとして同市内で自家用車を運転。警察の検問で、呼気から酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)を超えるアルコールが検出され、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警から任意で事情を聴かれていた。私用で運転しており同乗者はいなかったという。

 勝山町長は「水と氷をたくさん入れて薄めにして飲んだので運転しても大丈夫だと思った」と弁解した。

 勝山町長は県警から事情聴取された直後、事実を町に報告していなかった。25日午後になって自ら同町総務課長らに伝えた。急遽(きゅうきょ)行われた町議会全員協議会で議員らに対して事実関係を説明し謝罪していた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧