シー・シェパード 妨害船「スティーブ・アーウィン号」が豪西部を出港、日本の調査捕鯨に「直接行動」

 反捕鯨団体「シー・シェパード」は18日、南極海での日本の調査捕鯨などを阻止するため、妨害船「スティーブ・アーウィン号」がオーストラリア西部フリマントルを出港したと発表した。

 同団体は「直接行動」を取ると警告し、オーストラリアなどの「政府は真剣に対応する時だ」と主張した。

 シー・シェパードは過去にも日本の調査船に激しい妨害行為を繰り返してきた。

 日本の調査船は昨年12月1日、山口県の下関港を出発。昨年12月に訪日したオーストラリアのターンブル首相は安倍晋三首相との会談で、調査捕鯨への懸念を表明した。(共同)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧