運転手が突然天を仰いでハンドルから手を離す…「事故の記憶ない」 東京・小金井の京王バス暴走

 東京都小金井市の都道で回送中の京王バスの路線バスがアパートに突っ込んだ事故で、男性運転手(49)が事故直前に突然意識を失ったような様子が車内のドライブレコーダーに写っていたことが8日、警視庁への取材でわかった。運転手は搬送時「事故の記憶がない」と話しており、警視庁が運転手の当時の状態などを詳しく調べる。

 事故は7日午後3時45分ごろ発生。警視庁が8日、ドライブレコーダーを確認したところ、運転手が突然天を仰いでハンドルから手を離し、意識を失ったような様子が写っていた。その後、バスは対向車線の歩道に乗り上げ、なぎ倒した信号機を引きずったまま元の車線に戻って、道路沿いのアパートに突っ込んだ。

 バスが歩道に乗り上げた位置からアパートまでは直線で約100メートル、現場に強いブレーキ痕は残っていなかった。運転手に外傷はなかったものの病院に搬送された。通行人やアパートの住人らにけがはなかった。

 京王電鉄バスによると、運転手は出発前の点呼で健康状態に異常はないと申告。年2回の健康診断でも問題はなく、病歴もなかった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧