【衝撃事件の核心】「娘をおもちゃにした」法廷に響いた父の慟哭 性欲のまま生きた“殺人警官”の不倫恋愛

 《やばめやろww》 《てか存在忘れてた》 相手の女性に既婚者であることがばれても、男に切迫感はなかった。あまり意識することのない、その他大勢の女の一人-。そして翌日、殺人事件を起こすに至る。

 妻に隠して交際していた社会福祉士、白田(しらた)光さん=当時(23)=を殺害したとして殺人罪に問われた元大阪府警巡査長、水内貴士(たかし)被告(27)。白田さんに「社会的制裁を受けてもらう」と言われ、激高したのが動機だった。「性欲のはけ口としか、見ていなかった」。娘を奪われた父親は大阪地裁の法廷で声を詰まらせた。妻と白田さん以外に、不適切な関係にあった女性はさらに6人。性欲のままに生きた現職警官。いさめる同僚もいなかった。

まさに「肉食系男子」

 震災復興。その高潔な使命を背負い、水内被告が宮城県警に出向したのは平成25年4月のことだ。

 それからひと月もたたない同28日、水内被告は仙台市内で開かれた「街コン」に参加、大学生の白田さんと出会った。

 「学生さん?」

 白田さんが席につくなり、水内被告が積極的に話しかけてきたという。そのとき一緒にいた友人の供述調書によると、水内被告の第一印象は次のようなものだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧