【衝撃事件の核心】「動くサンドバッグや」命果てるまで続いた“鬼畜の所行”

 梅雨入り間もない6月8日。日没前後から雨が降り始めた大阪府河内長野市の公園に、傷だらけの男性が力なく横たわっていた。近くに住む専門学校生、工藤勇人さん(19)。意識不明の重体で搬送され、1カ月後に亡くなった。工藤さんに暴行したとして、大阪府警は傷害容疑で高校時代の同級生2人を逮捕。2人は傷害致死罪で起訴された。「動くサンドバッグや」「格闘技の練習台」。工藤さんは2人から殴る蹴るの暴行を受けた末、わずか19年の短い生涯を閉じた。捜査で明らかになったのは、高校時代から4年近くも続いた陰惨で壮絶な「いじめ」だった。距離を置こうとした工藤さんを執拗(しつよう)に呼び出しては、暴行の様子をスマートフォンで動画撮影。押収されたスマホには、痛がる工藤さんに格闘技をかけて喜ぶ2人の姿が写っていた。「鬼畜の所行」の全容とは-。

■「殴るときはお前の服」

 傷害致死罪で起訴されたのは元専門学校生(20)と大学生(19)。6月8日昼過ぎ、2人は「スマートフォンの液晶保護フィルムを壊された」という口実で工藤さんの自宅を訪れた。

 捜査関係者によると、そもそも「壊れた」とは、保護シートの一部がめくれた程度の話。実際に工藤さんが壊したのかどうかも分からないという。結局、理由は何でもよかったのだ。

 当時、工藤さんの両親は不在で、在宅していたのは工藤さんだけだった。玄関の呼び鈴を何度も鳴らす2人。身を縮めるような思いで呼び鈴を聞いていたに違いない。

 「このチャイム、壊れてるんちゃうか」

 やがて2人は、勝手に家の扉を開け、中をのぞき込んだ。工藤さんの部屋は1階。工藤さんが中にいるのを見つけると、無断で部屋に上がり込んだ。そして、持参したカップ麺を悠々と平らげた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧