中大生LINE詐欺疑惑 「協力者に裏切られ資金枯渇 だましたつもりない」

 中央大学の男子学生は産経新聞の取材に応じ「詐欺ではない」などと釈明した。主な一問一答は次の通り。

 --女子学生から現金とクレジットカードを受け取ったことは間違いないか

 「間違いない」

 --事業は実際にやっていたのか

 「知り合いから案件を流してもらい売り上げはあった。だが、軌道に乗る段階で協力者に裏切られ、どうにもできなくなり資金がなくなった」

 --女子学生に会社の存在を伝えていたのでは

 「ビジネスが軌道に乗り、目星が付いたら法人化する予定だった。その情報を前もって伝えただけだ」

 --今回の件は詐欺行為に当たらないのか

 「当たり前だ。だましたつもりはない。面倒くさいことに関わりたくないので。刑事告訴が受理できるわけない。民事不介入だ」

 --女子学生の資金は何に使ったのか

 「一度だけ事前に話して6万円ほど別に使ったが、それ以外は事業に使った」

 --父が外交官、おじが警視総監という話は事実か

 「答える必要はない」

 --六本木に住んでいないのでは

 「住んでいる。知人の名義を借りて。言えないけど」

 --今後はどうするか

 「まとまった金はすぐにはないので分割で返したい」

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧