暴力団元組長「年寄り騙す今の若い連中にはついていけない」

 「(構成員の)回状を回すとか、盃を交わすとかの決まりがないので、警察は我々1人ひとりを認定できない。だから風俗や飲食といった表の仕事もできる。

 一番確実な儲けはインサイダー取引です。それにはゲームソフトやアプリ開発といった勢いのある企業に入り込めばいい。我々なら暴力を使ってトラブル処理もできる。暴力団員なら企業に入り込むことなんてできっこない。今時、暴力団に入るのはバカですよ」

 「暴力団壊滅作戦」の次に警察権力が見据えるべきは一般人の顔をして犯罪に手を染める半グレ集団の取り締まりだろうが、今はまだ野放し状態といっていい。

 前門には警察の執拗な睨みがあり、後門には台頭する半グレが控えている--狭間で揺れる暴力団はいよいよ追い込まれてきた。

 ※週刊ポスト2015年6月26日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ