VS最強ウイルス…ネットバンキング不正送金の根絶へ 「世界包囲網」頭脳戦の現場

 【日本の議論】

 世界的に問題となっているインターネットバンキングの不正送金を根絶しようと、各国警察の連携が本格化している。昨年は不正送金で猛威をふるうウイルスの駆除作戦が世界規模で展開され、感染端末が大幅に減少した。国内でも実際の送金被害が下半期から減少傾向に転じるなど、効果が着実に表れつつある。一方で新種のウイルスも現れ、犯罪者との「いたちごっこ」は続くが、国境のないサイバー空間での犯罪に関しては、「国際協力」が対策の鍵になりそうだ。(加藤園子)

■感染で被害も攻撃も

 「警察当局やセキュリティー企業による作戦によって、Gameover(ゲームオーバー) Zeus(ゼウス)ボットネットの大部分が活動を停止しました」

 米情報セキュリティー大手シマンテックは3月、昨年の世界のサイバー犯罪について、このように記したリポートを発表した。

 「Gameover Zeus」(GOZ)は、ネットバンキングの不正送金で世界中に猛威をふるい、最も洗練されているとされていたウイルス。リポートではこのウイルス系統に感染した端末が、昨春以降「着実に減少」し、昨年末で平成24年末時点と同じレベルにまで減ったと報告した。

 GOZに端末が感染すると、利用者が気付かない間に犯罪者が管理する世界規模のネットワーク「ボットネット」に組み込まれる。ボットネットの“一員”になると、身代金要求型不正プログラムの配布など、ほかのサイバー犯罪の足場にも利用される。

 不正送金などの被害は全世界で問題となっており、米連邦捜査局(FBI)は2011年ごろからウイルスの捜査を行っていた。今年2月には、ウイルスを悪用したとして、ホームページでロシア人ハッカーの顔写真を公開し、最大300万ドルを懸けて情報提供を呼びかけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ