もはや性獣…64歳元中学校長、1万2660人買春 衝撃の“思い出”アルバム

 教職員の不祥事はこれまでも何度となく繰り返されてきたが、今回はその質・量ともに過去最悪の部類に入るに違いない。児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで神奈川県警に8日逮捕された、横浜市立中学校の元校長で無職の高島雄平容疑者(64)。在任中からフィリピンで買春を繰り返し、約26年間で相手の数は約1万2000人に及ぶという。「絶倫」「性豪」では片付けられない裏の顔に衝撃が走っている。

 直接の逮捕容疑は昨年1月1日頃、マニラのホテルで13~14歳の少女とみだらな行為をして、その様子をデジタルカメラで撮影したというもの。

 だが、これは氷山の一角。県警が昨年2月に高島容疑者の自宅を家宅捜索したところ、フィリピン人女性の写真計約14万7600枚が収められたアルバム410冊が見つかったのだ。

 県警などによると、高島容疑者は海外勤務を希望して1988年から3年間、マニラの日本人学校に赴任し、買春を始めた。帰国後も昨年までに65回、フィリピンに渡航。ブローカーを介して買春を繰り返し、相手にした女性は延べ1万2660人。「女性は14歳から70歳くらいで、うち1割は18歳未満と思う」と供述し、1日10人以上を相手にしたこともあったという。金額は最初に買春した88年当時が約570~860円、最近は約2860円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ