ペヤング虫混入疑惑 食の安全、経営直撃 初動に非難殺到、リコール保険未加入:イザ!

2014.12.12 08:00

ペヤング虫混入疑惑 食の安全、経営直撃 初動に非難殺到、リコール保険未加入

 カップ麺「ペヤングソースやきそば」に虫が混入していた問題で、製造元の「まるか食品」は発覚直後の初動対応が不十分との批判を消費者から受け、「全商品の生産販売休止」という業績にとって致命的な対応に追い込まれた。円安などで経営が苦しい食品メーカーは、「食の安全」への対応が重要な経営課題であることを、改めて突きつけられた格好だ。

 「危機管理の意識が不足していた」。まるか食品の関係者は、一連の対応をこう振り返る。問題発覚直後の4日、同社が発表したのは、同じラインで作られた商品2種類の自主回収のみ。まだ原因が不明にもかかわらず、「(製造過程での)混入は考えられない」とコメントした。

 これに対し、全国から「食の安全への認識が甘い」という非難が殺到。今回、踏み込んだ対策を取らざるをえなかった。自主回収費用を補償するリコール保険にも未加入で、「業績への影響は大きい」としている。

 初動の対応を誤り業績悪化を招いた例はほかにもあり、昨年12月に子会社旧「アクリフーズ」群馬工場で農薬が検出された「マルハニチロホールディングス(HD)」は、消費者による異臭の指摘から発表まで1カ月半もかかるなどして信頼を失墜。冷凍食品の販売が落ち込んで、26年3月期の最終利益は前期比4割の大幅減となった。

 大手食品メーカー関係者によると、「異物混入リスクはなくせない」と指摘。それだからこそ、業績への影響や信頼失墜を抑えるため、「リコール保険への加入や、原因の早期特定のための体制づくりといった危機管理が大切」という。

 円安や原材料費の高騰は食品メーカーの減益要因となっており、各社は相次いで冷凍食品などを値上げしている。買い控えが広がる可能性もある中、「食の安全」への対応を誤れば、業績への一層の重しになりかねない。

関連まとめ