「簡単に製造できることを実証」3D銃製造で懲役2年実刑判決 横浜地裁

 3D(3次元)プリンターで拳銃を製造、所持したとして、銃刀法違反や武器等製造法違反などの罪に問われた、川崎市高津区の元湘南工科大職員、居村佳知被告(28)の判決公判が20日、横浜地裁で開かれ、伊名波宏仁裁判長は、懲役2年(求刑懲役3年6月)を言い渡した。

 伊名波裁判長は判決で、居村被告が3Dプリンター銃の違法性を認識していたと指摘。「誰でも拳銃を製造して所持できることを示し、銃規制を形骸化しようと考えた」と述べ、「3Dプリンターを用いれば比較的簡単に拳銃が製造できることを実証した」と指摘した。

 その上で、「当初から製造過程などをインターネットで公開することを意図していたことも考慮すると、極めて模倣性が高い悪質なもの。到底許されるものではなく、刑事責任は重い」と量刑理由を述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ