池上最高裁判事が就任「公正、誠実に使命果たしたい」:イザ!

2014.10.2 22:43

池上最高裁判事が就任「公正、誠実に使命果たしたい」

 前大阪高検検事長で最高裁判事に就任した池上政幸氏(63)が2日、最高裁で会見し、「公正に、そして誠実に、裁判官としての使命を果たしていきたい」と抱負を語った。

 「検察官としての経験はこれから生かしていけるものと考えているが、事実の見方などに偏りがないか、常に自制しながら仕事をしていきたい」と池上氏。「(他の判事と)十分に意見交換し、最高裁として国民に期待されている結論を得られるよう、努力していきたい」と話した。

 今年5月に施行から5年を迎えた裁判員制度については「より分かりやすく迅速で、的確な裁判をするためには、法曹三者をはじめとする関係者の工夫と努力が求められている」とした。

 池上氏は定年退官した横田尤孝(ともゆき)氏の後任。東北大卒。昭和52年検事。平成26年7月まで大阪高検検事長を務めた。