ホストクラブ愛で騒動 長女が私物化し高岡早紀兄が挽回図る

 都心から車で30分ほど郊外にある老人介護施設。入居者が暮らす一室から、車いす姿で現れた1人の女性の表情は、暗く沈んでいた。

 「あの娘のやったことは絶対に許せない。夫がせっかく残した会社をメチャクチャにして…。わが娘ながら刑事告訴も視野に入れています」

 こう怒りを露わにする彼女は、榎本朱美さん(83才)。新宿歌舞伎町の伝説のホストクラブ『愛』を立ち上げ、「夜王」と称された愛田武氏(74才)の妻である。

 今、そのホストクラブは、他店への身売り話が出るほどの経営難に陥り、裏では骨肉憎悪のお家騒動まで起きていた--。

 1971年にオープンした『愛』は、2000年台に入ると歌舞伎町に系列店を5店舗を構えるまでに成長。ホスト総勢300人、年商27億円という、業界一の地位を不動のものにした。

 しかし、店に異変が起きたのは2011年の夏。愛田氏が脳梗塞で倒れたのだ。彼はそのまま入院し、免疫不全の病気も併発していたため、体調も回復せず、経営者として働き続けるのは不可能となってしまう。

 結果、『愛』の経営は、長女(57才)が任されることとなった。

 「長女に任せていいのか、議論はあったんですが、主人は昔から彼女をかわいがっていましたし、彼女もまた“自分が父の会社を守りたい”という強い意志を見せていましたので…。それに、あの娘は『愛』で事務職を30年近くやっていたから、経営を任せても大丈夫だろうと信じていたんです…」(朱美さん)

 しかし、それは大きな間違いだった。彼女は経営者になった途端、豹変した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ