横田めぐみさん「見てはならないもの見た」 帰国をはばむ“壁”か

 【再会の日へ】(1)北の暗部「知りすぎた被害者」

 中学校の部活動を終え、帰宅途中の昭和52年11月15日、わずか13歳で新潟市から北朝鮮に連れ去られた横田めぐみさん。その状況を、韓国に亡命した元北朝鮮工作員はこう証言した。

 《(めぐみさんを)北朝鮮につくまで船倉に40時間以上監禁した。「お母さん、お母さん」と叫び、壁などをひっかいたようで指は血だらけでつめがはがれそうになっていたという》

 北朝鮮に到着しためぐみさんは泣き続けた。そんな姿に、北朝鮮当局者は「朝鮮語を勉強するなら日本に帰してやる」と伝えた。だが、その約束は、当たり前のようにほごにされる。

 53年8月、暮らしていた招待所に、一人の日本人女性が現れた。めぐみさんと同じく北朝鮮工作員に拉致され、平成14年10月に帰国する曽我ひとみさん(55)だった。

 新しい2人の生活には、厳しい監視の目がまとわりついた。地村保志さん(59)、富貴恵さん(59)夫妻らを拉致した北朝鮮工作員、辛(シン)光洙(グァンス)容疑者(85)=国外移送目的略取容疑で国際手配=が2人の教育を担当したこともあった。

 日本語は許されず、夜になって2人きりになると、日本語で会話したことを曽我さんは帰国後に証言している。

 めぐみさんと曽我さんは何度か離れながら、昭和55年までともに生活。その後、めぐみさんは金淑姫工作員と同居しながら、日本語などの教育を担当。金淑姫工作員と離れた後には、田口八重子さんと生活をともにした。同じ集落には、曽我さんと同じく平成14年10月に帰国した地村さん夫妻と蓮池薫さん(56)、祐木子さん(58)夫妻もいた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧