厚木の男児白骨遺体 「パパ、パパ」とすがる息子に「怖くなり家を出た」:イザ!

2014.6.9 13:01

厚木の男児白骨遺体 「パパ、パパ」とすがる息子に「怖くなり家を出た」

 厚木市のアパートで男児の白骨遺体が見つかった事件で、逮捕された父親は、がりがりに痩せてか細い声で「パパ」と呼ぶ息子が怖くなり家を出たと供述した。

 神奈川県厚木市のアパート一室で斎藤理玖(りく)ちゃん=当時(5)=が白骨遺体で見つかった事件で、父親でトラック運転手の斎藤幸裕容疑者(36)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=が、「亡くなる2カ月くらい前は仕事が非常に忙しくて週1、2日しか帰らず、(理玖ちゃんは)がりがりになってしまった。この状態が続くと死なせてしまうかもと思った」と供述していることが9日、県警への取材で分かった。

 捜査関係者によると、斎藤容疑者は「痩せた経緯が分かってしまうのが怖くて、病院に連れて行くことができなかった」とも供述。生前最後の姿を見たのは理玖ちゃんの死亡に気付く約1週間前で、「立ち上がることもできず、か細い声で『パパ、パパ』と呼んでいた。その場にいるのが怖くなり、1時間も一緒にいられずに家を出た」という。

 理玖ちゃんは平成19年ごろに死亡したとみられている。

関連まとめ

関連ニュース

|