栃木小1殺害 有希ちゃん「お兄ちゃんと約束」…自宅から児童ポルノ画像:イザ!

2014.6.5 09:00

栃木小1殺害 有希ちゃん「お兄ちゃんと約束」…自宅から児童ポルノ画像

 幼い命はなぜ奪われなければならなかったのか。栃木県今市市(現日光市)の吉田有希(ゆき)ちゃん=当時(7)=殺害事件で逮捕された勝又拓哉(たくや)容疑者(32)の供述が明らかになりつつある。面識のなかった有希ちゃんを偶然連れ去り殺害するという短絡的な犯行が浮き彫りになる一方、証拠隠滅を図るなど周到さも垣間見える。あの日、何があったのか。供述や関係者の証言から事件の経過を追った。

違法ナイフ収集

 平成17年12月1日午後2時ごろ友達3人と下校した有希ちゃんは、その50分後に自宅近くの三差路で友達と別れたのを最後に行方が分からなくなった。

 有希ちゃんは事件2週間前、自宅近くの駅周辺で男と待ち合わせしていた。この時「目のきれいなお兄ちゃんと約束している」と周囲に話していた。だが勝又容疑者は「有希ちゃんと面識はなかった」と話している。

 勝又容疑者は事件当時、鹿沼市のアパートで1人暮らしをしていた。連れ去り現場へは車で向かったとみられる。有希ちゃんと同じ小学校を卒業しており、現場付近の土地勘はあった。

 幼児性愛が強く、自宅のパソコンには「おびただしい数」(捜査幹部)の児童ポルノ画像が保存されていた。有希ちゃんは胸を鋭利な刃物で十数カ所刺されていた。勝又容疑者は違法ナイフも収集し、ナイフマニアの側面も持つが「偽ブランド品と一緒に骨董(こっとう)市で売ろうとしたが、売れなかった」。

関連まとめ

関連ニュース