PC遠隔操作 片山被告、一連の事件への関与認める「死にきれなかった」:イザ!

2014.5.20 12:09

PC遠隔操作 片山被告、一連の事件への関与認める「死にきれなかった」

 片山被告が弁護側と連絡を取り「私が真犯人だ」と一連の事件への関与を認めた。16日にメールを送り、スマートフォンを河川敷に埋めたと説明した。

 4人が誤認逮捕された遠隔操作ウイルス事件で、無罪を主張していたIT関連会社元社員の片山祐輔被告(32)=威力業務妨害罪などで起訴=が弁護団に「自分が一連の事件の犯人だ」と認めたことが20日、弁護団への取材で分かった。16日に「真犯人」を名乗るメールを送ったことも認めた。東京地検は20日午前、片山被告の身柄を拘束し、再勾留の手続きに入った。警視庁はメールについて脅迫容疑での立件を視野に事情聴取する。

 主任弁護人の佐藤博史弁護士によると、19日午前10時20分ごろから片山被告と連絡が取れなくなっていたが、同日午後9時半ごろに片山被告から佐藤弁護士に電話があり、「私が真犯人だ」と一連の事件への関与を認めた上で、16日にメールを送り、スマートフォン(高機能携帯電話)を河川敷に埋めたと説明した。

 片山被告は「死のうと思ったが死にきれなかった」とも話したという。

 メールは、片山被告が東京地裁での公判に出廷中の16日午前11時半すぎに送信され、片山被告は公判後の記者会見で「メールを送ることはできない」と否定していた。

関連ニュース

|