【衝撃事件の核心】女子高生の制服で首4の字固めに三角絞め…JKリフレ驚きの実態

 女子高生の制服を着た少女が、男性客の首を足で絞める。首を太ももに挟まれて歓喜の表情を浮かべる男性。一番人気という「首4の字固め」のサービスは、ファイブカウント2千円。5秒ごとにお札が次々と消費されていく。神奈川県警少年捜査課が摘発したJKリフレ店「横浜リフレ学園 Rainbow Color」の店内で日常的に繰り広げられてきた光景だ。16~18歳の少女が在籍していた店内で提供されていた驚きのサービスの実態は-。

 ■「ののしり」や「ほっぺぷにぷに」も

 JR横浜駅から徒歩約5分のビル9階の一室。4月17日、同課の捜査員が横浜リフレ学園の店内に踏み込み、労働基準法違反(危険有害業務の就業制限)容疑で経営者の男(36)を逮捕した。JKリフレの摘発は県内では初。横浜リフレ学園はホームページで「当店は法律に遵守(じゅんしゅ)しておりますので警察等の注意もございません」とうたっていたが、実態は大きくかけ離れたものだった。

 店内の壁には少女の写真が貼られ、カーテンで仕切られた個室が並ぶ。客はこの個室の中で少女と2人きりになることができる。

 店のホームページなどによると、基本料金は1時間6千円、2時間1万円など。ほかに追加料金を支払うとプロレス技などの“オプション”をつけることができる。

 カーテンで仕切られた個室の中で、制服姿の少女が男性客にかけるプロレス技は、一番人気の「首4の字固め」のほか、「腕ひしぎ逆十字」や「三角絞め」なども人気だったという。プロレス技は5秒で1千~2千円。プロレス技以外にも、「お手紙」1千円、「ののしり」「ほっぺぷにぷに」は各500円など、さまざまなオプションが取りそろえられていた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧