【衝撃事件の核心】売り場で裸にされた少女たち…子供を蝕む、おぞましき欲望

 営業中で、しかも客で賑わう週末の大型量販店で、それは起きた。売り場の中でも人気がない場所で少女3人が服を脱がされ、動画を撮影されていたのだ。アダルトビデオ(AV)の撮影ではない。性的虐待だった。

 兵庫県尼崎市で中学3年の男子生徒(15)が監禁され、性的虐待を受けた事件は、13歳未満の少女らの裸を撮影させた事件に発展し、兵庫県警は1月と2月に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で尼崎市浜田町の無職、沖野玉枝容疑者(43)=強制わいせつ罪で公判中=と知人で同市潮江の雑貨販売業、添田和宏容疑者(29)=同罪などで起訴=を2度、逮捕した。

 こうした大人の存在が子供を蝕む。警察庁によると、昨年1年間に全国の警察が、虐待があったとして児童相談所への通告対象にした18歳未満の子供は過去最多の2万1603人で過去最多となり、初めて2万人を超えた。(桑村朋)

 ■SDカードに残った少女の動画

 「男の人に裸の写真をとられた」

 添田容疑者が捜査線上に浮かんだのは、県警による中3男子監禁事件の捜査が真っ只中だった昨年12月ごろ。沖野容疑者宅に出入りしたりしていた少女が、捜査員にこう打ち明けたことがきっかけだった。

 添田容疑者宅の捜索で、裸の少女の動画を撮影したSDカード(記憶媒体)が見つかったという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧