東日本大震災3年 全国各地で黙とう…鎮魂の祈りに包まれた列島

 死者・行方不明者が1万8千人を超え、未曽有の災害となった東日本大震災は11日、発生から3年を迎えた。行方不明者は2633人に上り、大津波に襲われた沿岸部では集中捜索を実施。被災地では早朝から犠牲者の遺族らが墓石に手を合わせ、震災発生の午後2時46分に黙とう。犠牲者の冥福を祈った。

 公的な住宅再建の遅れなどで、約26万7千人が全都道府県で避難生活を送る。東京電力福島第1原発事故は汚染水問題に揺れ、収束が見えない。当初5年の「集中復興期間」は半ばを過ぎたが、再生への道はなお険しい。

 警察庁によると、10日現在の死者は1万5884人。不明者のほか、避難を苦にした自殺など3千人以上の「震災関連死」を合わせた犠牲者は、2万人を超える。

 東日本大震災は平成23年3月11日午後2時46分に発生。マグニチュード(M)9・0、最大震度7の巨大地震で、東日本の太平洋沿岸を大津波が襲い、最大約47万人が避難を強いられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ