元最高裁判事の尾崎行信氏が死去

 尾崎行信氏(おざき・ゆきのぶ=元最高裁判事、弁護士)9日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去、84歳。通夜は20日午後6時、葬儀・告別式は21日午前11時半、東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は長男、行正(ゆきまさ)氏。

 「憲政の神様」といわれた戦前の政治家、尾崎行雄の孫。第一東京弁護士会会長などを経て、平成6~11年、最高裁判事を務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ