三重・中3女子殺害 卒業生逮捕「ショック」 被害者の中学「やっと安心」

 急展開から一夜明けた3日朝、容疑者と被害者がそれぞれ通っていた学校で、さまざまな心情が交錯した。三重県朝日町で起きた中学3年の女子生徒殺害事件で、強盗殺人などの容疑で逮捕された少年(18)が通っていた県立高校では、突然のニュースに生徒らの間で動揺が広がった。一方、女子生徒が通っていた中学では緊急の全校集会が開かれ、校長は「尊い命が奪われたことは許すことができない」と改めて憤りを示した。

 少年が在籍していた高校では、1日に少年を含む3年生の卒業式が行われたが、1、2年生は3日も学年末試験があり、午前8時ごろから次々と校門をくぐった。生徒たちを迎えた教職員は、普段通り「おはよう」と声をかけた。

 ただ、在校生は硬い表情で、1年の男子生徒(16)は「卒業生が容疑者と聞き、ショックだった」とだけ話し、急ぎ足で校内に入った。校内では、逮捕された少年が卒業生だったことを登校後に初めて知ったのか、泣き崩れる女子生徒の姿もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ