子供から料金とったアンパンマン映画会、実は無許可だった…業者を逮捕:イザ!

2014.2.27 19:44

子供から料金とったアンパンマン映画会、実は無許可だった…業者を逮捕

 アニメ「それゆけ!アンパンマン」の映画を無許可で上映したとして、大阪府警豊中南署などは27日、著作権法違反容疑で、映画興行業、北野輝樹(73)=同府河内長野市本町=と長男で同、幸康(43)=大阪市淀川区西宮原=の両容疑者を逮捕したと発表した。

 同署によると、2人は市民会館や区民ホールで週末、子供向けの「アニメ映画会」を開催。チラシを作成して子供ら客を集め、1回にアンパンマンなど7作品を上映し、1人800~900円の入場料を徴収していたという。

 2人の逮捕容疑は、昨年9~10月、大阪市や同府柏原市、和歌山市など7カ所の公共施設で、10回にわたり著作権者に無断でアンパンマンの映画を有償で上映し、著作権を侵害したとしている。

 北野容疑者は、平成23年に映画配給会社から借金の担保としてアンパンマンの映画フィルムを入手したとしており、「どう使おうが勝手だ」などと容疑を否認しているという。

関連ニュース

|