電子書籍のコピー禁止回避する違法ソフト製造 会社社長ら逮捕

 電子書籍のコピーを可能にするソフトを製造したとして、京都府警は19日、著作権法違反(技術的保護手段を回避するプログラムの製造)の疑いで、横浜市西区のソフトウエア製造販売会社「インターナル」社長、石田渉容疑者(37)=東京都港区六本木=ら3人を逮捕した。府警によると、石田容疑者は「わかりました」と供述している。平成24年10月の著作権法改正で、著作権の保護を回避するプログラムを譲渡や貸与の目的で製造することが禁じられており、同項の適用は全国で初めて。

 石田容疑者の逮捕容疑は25年3月22日、インターネットサイト「DMM.com」で販売されている電子書籍の、コピー禁止機能を回避するソフト「コミスケ3」を譲渡・貸与目的で製造したなどとしている。

 府警によると、電子書籍はコピー禁止だが、コミスケ3をダウンロードすると保護を回避できる仕組みになっていた。コミスケ3はインターネットなどで約6千~1万8千円で販売されており、同年3~12月で、約2760万円を売り上げていたとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ