「セックス断られた」妻殺害51歳男、裁判所に一蹴された“ガマンの半生”

 翌18日未明に遺体に布団を巻き、破れないよう布団袋を二重にして梱包。遺体を車で勤務先の駐車場に運び、目撃されないよう警戒しながら穴を掘って埋めた。

 遺体の腐敗により遺棄現場が沈下し発覚するのを防ぐため、セメントをまいて固めた。さらに妻の勤務先に電話し、「鬱病で出社できない」と伝えた。

 不審に思った勤務先の関係者が大阪府警に通報。男は任意の事情聴取を受けた後に逃亡して九州や四国を転々とし、5月28日に徳島県で身柄を確保された。

 「ばかだった」と謝罪

 「妻は、これからしたいことがいっぱいあったと思う。その思いを一生忘れずに死ぬまで償いたい。遺族にはつらく悲しい思いをさせ、私はばかでした。すみませんでした」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ