【衝撃事件の核心】日本一高給、宝塚市職員に“ヤミ副業”横行…農産物販売で荒稼ぎ

 マンション経営に農産物販売、勤務中の不動産取引…。兵庫県宝塚市は昨年末、職員がヤミ副業をしていたなどとして3人の懲戒処分を相次いで発表した。地方公務員法で公務員の副業は禁じられているが、職員らは「認識不足だった」「投資だった」などと釈明している。同市の給与は平成24年、総務省が公表した政令指定都市を除く全国市町村の実態調査で全国トップ。そんな高給をもらいながら、職員らはヤミ副業で何千万円もの収入を得ていた。

 ■副業で複数の会社経営、年商8千万円

 昨年12月、無断で農産物販売組合の代表を務め、別の水道工事会社を実質経営していたなどとして東消防署の男性消防司令(46)が懲戒免職処分となった。

 市によると、消防司令は平成19年、親族ら18人で、自身らが栽培した野菜などを販売する組合「北神戸農家集荷連合事業体」を神戸市に設立。組合長に就任し、栽培した農産物や猪肉、加工品を飲食店に販売したほか、インターネット販売も行っていたという。また23年5月には大手スーパーマーケットと契約し取引を開始した。

 昨年5月、農林水産省近畿農政局による調査で、販売していたニンジン、ジャガイモなどを「神戸産」と偽ったり、団体以外の農家から買い取った生シイタケの包装袋に父親の顔写真を貼り付けるなどして販売していたことが発覚。スーパーとは6月に契約解除となったが、その間に約8千万円を売り上げていたという。

 消防司令はほかにも、給水装置工事主任技術者の国家資格を取得。12年には、妻を代表取締役とする水道工事を請け負う会社を立ち上げ、主任技術者を務めながら、実質経営をしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧