【衝撃事件の核心】“出会えない系サイト”の罠…スマホ利用者が陥りがちな心理とは

 手軽な出会いを求める男女の期待につけこんで「出会い系サイト」を偽装していた運営会社が、京都府警と大分県警の合同捜査班に詐欺容疑で摘発された。登録者数約10万人、売り上げは約8億4千万円に上っていたが、やりとりする相手はわずか10人前後の「サクラ」だったという。そんな“出会えない系サイト”がまかり通ったのは、スマートフォン(高機能携帯電話)の利用者が陥りがちなある心理だった。

 ■サクラ限定のメールで囲い込み

 合同捜査班が、出会い系サイトの利用料金をだまし取ったとする詐欺容疑で、大分県別府市の運営会社「ラパン」の元会長(59)ら6人を逮捕したのは平成25年10月16日のことだ。

 「ラパン」は19年2月に出会い系サイト「おしゃべり広場」を開設。一見すると、どこにでもある出会い系サイトと同じだ。利用するには、会員登録した上で「ポイント」を1ポイント10円で購入することが必要になる。

 たとえば、気になる異性のプロフィルや写真を閲覧するのは1回1ポイント(10円)。メールを送受信する際には、1通20ポイント(200円)。自分のプロフィルを変更するには1回20ポイント(200円)かかる-といった具合だ。利用者はポイントが不足したら購入することを繰り返し、メールのやりとりを楽しみながら、現実世界で出会うことを目指す。

 一般的な出会い系サイトでも、利用者たちがサイトの外で交流を始めると、料金を徴収できなくなってしまう。このため、運営側は可能な限り利用者をサイト内に囲い込もうとするのだが、「ラパン」が採用したのは、極端すぎる手法だった。メールの相手をサクラに限り、“出会えない系サイト”に仕立てあげたのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ