元少年、二審も死刑「回避の理由なし」 宮城・石巻3人殺傷:イザ!

2014.1.31 21:09

元少年、二審も死刑「回避の理由なし」 宮城・石巻3人殺傷

 宮城県石巻市で平成22年2月、元交際相手の姉と友人の2人を殺害し、男性1人に大けがを負わせたとして殺人罪などに問われ、1審仙台地裁で少年事件の裁判員裁判としては全国初となる死刑判決を受けた石巻市の元解体工の男の被告(22)=事件当時(18)=の控訴審判決公判が31日、仙台高裁で開かれ、飯渕進裁判長は「極めて身勝手で短絡的な犯行で、死刑を回避する理由はない」として、1審判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。被告側は即日上告した。

 飯渕裁判長は、最高裁が死刑判断の基準として示した「永山基準」に沿い、無抵抗の被害者を何度も牛刀で刺した殺害方法の残虐さや、若年の3人の男女を殺傷した結果の重大性について強調。被告が当時18歳だったことや、幼少期に虐待を受けて育ったことなど、「酌むべき事情は最大限考慮した」上で極刑が相当と判断した。

 判決によると、元少年は22年2月10日朝、元交際相手の少女宅に押し入り、少女の姉、南部美沙さん=当時(20)=と友人の大森実可子さん=同(18)=を牛刀で刺殺し、男性1人に重傷を負わせ、少女を車に乗せて連れ去るなどした。

関連ニュース