【衝撃事件の核心】「19歳イケメン」装い少女を次々“服従”させた41歳無職男

 この種の犯罪はネットの普及とともに生まれた比較的新しい犯罪といえる。警察当局も危機感を強め、20年には出会い系サイト規制法を施行。警察庁によると、出会い系サイトなどが原因で犯罪被害にあった児童の数は23年で1367人と、20年の1516人から減少したものの、依然高い水準のままで決定的な対策が取れていないのが実情だ。

 また、被害者の多くは実際に会うまでにメールのやりとりを重ね、被害に遭う直前まで男に信頼を寄せているケースが多いという。なぜ、少女たちは獣のような男がかぶった仮面にだまされてしまうのか。

 ある捜査関係者は「10代の少女は多感な時期で、恋愛への興味が非常に高い一方、経験が少ないので無防備。自分たちが犯罪の対象になり得るという自覚や、世の中には平気で少女を傷つける男がいるという認識がない」と指摘。その上で大人に対しても注意を加えた。「見知らぬ男と簡単に知り合えるネットとの距離感を大人がしっかりと教えて、子供を守っていかなければならない」。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ