【衝撃事件の核心】「19歳イケメン」装い少女を次々“服従”させた41歳無職男

 福本被告の手口は以下の通りだ。インターネット上にブログを開設し、プロフィル欄にはネット上で見つけた別人の画像を勝手に使用。茶色に染めた髪を短く整えた一般人のイケメンだ。年齢は19歳。さっそく書き始めた日記の内容は、若者に人気のミュージシャンやスポーツの話題など、他愛もないものばかり。自分からは女性にメールを送らず、ひっそりと獲物が近寄ってくるのを待った。

 間もなく、“同年代”の少女らからコメントが付き始める。すると、さっそくメールアドレスを聞きだし、個別にやり取りをスタート。受験を控えた女子生徒らからは悩みを聞いてやり、勉強を教えることもあった。朝の「おはようメール」から「今サッカーしている」などこまめにメールを送り、徐々に「好きだよ」などと甘い言葉をちりばめる。女子生徒はすっかりイケメンと交際している気分になっていた。

 ■「そいつはヤクザ」の本人登場

 「今度会おうよ」。女子生徒の心をつかむと、福本被告はいよいよ仕上げにかかる。「大好きな彼にやっと会える」と期待に胸を膨らませる女子生徒。だが、待ち合わせ当日、姿を見せないで1通のメールを送りつける。「遅れるので友人とホテルで待っていてほしい」。

 しばらくすると、気落ちした女子生徒の前に男が姿を現す。19歳のイケメンとはかけ離れたくたびれた中年男。それが福本被告だった。普通なら疑うところだが、恋に落ちている女子生徒は「大好きな彼が自分を裏切るわけがない」と、福本被告に連れられるままラブホテルに入ってしまう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ