【衝撃事件の核心】暴行の末に遺体を霊園に埋めた「半グレ」集団の素顔とは

 仲間割れの末の凶行だったのか-。平成22年12月から行方不明になっていた東京都新宿区の土屋彰勲さん=当時(24)=の白骨遺体が今年10月に埼玉県内の霊園で見つかり、警視庁は男女6人を逮捕し、主犯格の斎藤邦実容疑者(27)を指名手配して行方を追っている。大半が東京・八王子市に拠点を置く不良グループのメンバーで、土屋さんと一緒に振り込め詐欺を繰り返していたとされる。土屋さん殺害への関与も疑われるグループの凶悪な素顔とは…。

■コンクリートの下から遺体 交際女性から2000万円脅し取る?

 秋晴れとなった10月17日。警視庁捜査1課の捜査員らが埼玉県本庄市内の霊園の一角を掘り返したところ、コンクリートでふたをされたような土の中からほぼ全身がそろった白骨遺体が見つかった。遺体はDNA型鑑定で、土屋さんのものと確認された。

 捜査1課は10~11月、死体遺棄容疑で、槻瀬涼(25)=別の殺人未遂事件で服役中、高久昇(26)=同=の両容疑者ら男女6人を逮捕。12月5日に、6人のうち4人を監禁容疑で再逮捕した。

 11月26日には主犯格とみられる斎藤容疑者を死体遺棄容疑で指名手配している。

 斎藤容疑者らは22年12月6日夜、東京都豊島区内のマンションで土屋さんに暴行を加え、車で移動し八王子市内の団地の一室に拉致。7日ごろまで監禁した。さらに、10日ごろに土屋さんの遺体を霊園に運び込み、土の中に埋めた疑いがもたれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧