父子無理心中 野球が絆だった子煩悩な父 DV…かなわなかった復縁

 野球を教えてくれた子煩悩な父親はなぜ、わが子を巻き添えにしたのか-。東京都文京区の区立汐見小学校で23日、父親(49)が同校3年の次男(9)を道連れに灯油をかぶり、火を付けた事件は、父母の離婚が成立する直前の悲劇だった。3年前から別居していたが、父親は次男を取り戻すことに執着しており、復縁がかなわないことを悲観したのが直接の引き金になったとみられる。

 父親は23日午前10時半ごろ、少年野球の試合が行われていた同校校庭に入り、次男の手を引っ張って連れ出した。間もなく校舎脇で次男に灯油をかけ、自分でも灯油をかぶった後、火を付けた。父親は同日夜に死亡、次男は意識不明の重体の状態が続いている。

 野球こそが、父親と次男を結びつけていたものだった。父親はかつて次男のチームの監督を務めたことがあり、最近もたびたび練習に顔を出していたという。今年初めごろにも、父親のマンション近くの駐車場で、父親と次男がキャッチボールをしているのが住民に目撃されていた。

 ■次男「お父さん、最近おかしい」

 一家は平成18年ごろ、同校近くのマンションに入居したが、22年9月には父親だけを残し、母親、長男、次男の3人は台東区内の母親の実家に引っ越した。父母は離婚調停中で、次男は越境通学で同校に通い続けていたという。

 父親は昨年5月に実家に姿を見せ、次男を連れて行こうとした。母親が止めに入ったところ、母親を蹴り飛ばしたという。母親は上野署を訪れ、「父親からのドメスティックバイオレンス(DV)が原因で別居している」と相談した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ