【衝撃事件の核心】なぜ笑う? 「黒子のバスケ」脅迫事件、夢破れた36歳男の「心の闇」

 「黒子のバスケ」脅迫事件で逮捕された渡辺容疑者。夢破れ、一方的に作者に恨みを募らせた36歳の男が抱えていた心の闇とは。

 警察署から現れた男は、無数のフラッシュが浴びせられるのを喜ぶように笑っていた-。人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、大阪市東成区の派遣社員、渡辺博史容疑者(36)が15日、警視庁に威力業務妨害容疑で逮捕された。

 漫画家を目指していたという渡辺容疑者は「作者の成功をやっかんだ」と供述。昨年10月以降の一連の事件への関与も全面的に認めた。数々のイベントを中止に追い込み、関連商品が撤去されるなど、1年以上にわたる劇場型犯罪で世間を振り回した男は心にどんな闇を抱えていたのか。(中村翔樹、宇都宮想)

 ■2つのポストに封筒を投函 リュック発見で500キロ尾行

 冬晴れとなった15日午後3時過ぎ。東京都渋谷区恵比寿のJR恵比寿駅近くの郵便ポスト前で渡辺容疑者の不審な行動を目にし、警視庁捜査1課の捜査員は確信を得た。それほど離れていない位置に置かれた2つのポストに、続けざまに封筒を投函(とうかん)しようとしたからだ。

 「こいつに間違いない」

 捜査員に声をかけられた渡辺容疑者は慌てた様子で手袋を外してジャンパーのポケットに押し込み、抵抗するそぶりを見せた。だが、捜査員に追及され、「ごめんなさい。負けました」とあっさりと“敗北”を受け入れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ