【衝撃事件の核心】今度は「JK撮影会」摘発 リフレにお散歩…業態変えいたちごっこ

 またもや18歳未満の女子高生を雇った脱法風俗店が11月、警視庁に労働基準法違反容疑で摘発された。「JK撮影会」とうたい、制服姿などで撮影できることを誘い文句に男性客を集め、スカートの中を見せるなどのみだらなポーズを取らせていた。個室で簡単なマッサージをさせる「JKリフレ」の取り締まりが強化された今年7月以降、撮影会に業態を変える店舗が相次いでおり、女子高生ビジネスをめぐるいたちごっこに終わりは見えない。(荒船清太)

 ■四つんばい、体育座り…客の要求でポーズ変化

 東京・池袋の雑居ビルの一室で、男性の荒い息づかいが静かに響いていた。11月1日、30代の男性の目の前で、ポーズを取っていたのは私立高校2年の女子生徒(17)。セーラー服姿でいすの上にしゃがみ、両足をM字型に曲げて開き、スカートの中をあらわにしていた。

 名目は水着姿の撮影会。女子生徒は下着の上から水着を着ていたが、性的な意味合いを持ったポーズであることは明らかだった。男性は女子生徒に、四つんばいや体育座りのポーズなどをさせて凝視するだけで、写真は撮らずに立ち去ったという。

 撮影場所を提供していたのは、イベント運営業者の「ついんてーる」。警視庁少年育成課は11月27日、女子生徒を有害な業務に就かせたとして、労働基準法違反(危険有害業務への就業)容疑で、経営者の渡辺隆司容疑者(33)=品川区南大井=を逮捕。女子生徒を補導した。

 男性は現場で写真を見て女子生徒を指名したといい、「10月下旬に初めて行ったら股を開いてくれた。興奮したので、また来た」などと供述しているという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧